2010年06月20日

Touch the Numbers 「あきらめたらそこで試合終了ですよ」の気持ちで5秒台達成!w

Touch the Numbersとうとう5秒台を達成しました!

touchthenumber06.JPG

6秒台から5秒台までが長かった。

前回「ついに出た6秒台!Touch the numbers」から1ヶ月かかったことになるなあ。


6秒台のときのまとめたコツは
12〜15をスムースにタッチするために常に次のタッチする数字を
視界のどこかにとらえておくというもの。

しかしそれだけじゃあ5秒台は厳しい

5秒台に突入して感じるのは、

数字を認識してからタッチしてるようじゃあ遅い!

ということ。

まあ意味わかりにくいんですけど、英語をしゃべるとき例えば「木=tree」を言いたい場合、ふつうの人は頭の中にまず「木」という単語を思い浮かべますよね?

それを左脳で英語の「tree」に変換してようやく「ツリー」と発音する・・・

でもそうじゃなくてダイレクトに「tree」を思い浮かべ「ツリー」と発音するみたいな感覚。

え〜わかりますか?この感覚。

数字も同じ。

「12」を12として認識してからタッチするんじゃないんですよね。

これ、たぶんやろうとしてできることじゃなく、練習するうちにそういう感覚になってくるので体験してはじめて「そういうことか!」とわかってもらえると思います。


「なんかわかんないけど、押せてるよオレ!」みたいなw


で、これをマスターすると1〜11くらいまでをタタタタッと一気に押せちゃうようになります。

ホントに音が違います。タン、タン、タンじゃなくタタタタタタッーですw

ぼくの場合はだいたい12前後で少しだけ間をとり息継ぎします。
(4秒台出せる人はここでの息継ぎもなくて一気に25まで行っちゃうんだと思います。)

そしてまた13から25までをタタタタッと一気に押していくという感じ。

しかしまさか自分が5秒台出せるなんて思ってもみなかったなあ。

ラベル:iPhone 無料アプリ
posted by やす at 17:25| Comment(2) | 無料アプリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私の場合は、3秒台まで6万回はやりこみましたよ。
コツは...目をカッと開くとかなり視野が広がります◎◎
それと、自分の最速タイムのリプレイを時々見ると、速度に目が慣れますのでおすすめですよ
では頑張ってくださいb
Posted by at 2010年07月30日 14:32
私も片手(人差し指一本)でやってます
この間、5.383秒が出ました
指一歩でも4秒でそうです
Posted by makoto at 2013年01月21日 05:26
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。