2010年03月13日

iPhoneはバッテリーの消費が早い

iPhoneは今までぼくが使っていた時代遅れの2G携帯に比べ
バッテリーの消費が早いです。

iPhoneで音楽を聴かないぼくでも通常1日1回の充電は欠かせません。
休日にゲームアプリで遊んだりすると、1日2回充電することもあります。

ネットで調べるとバッテリーを長持ちさせるためのいろんな方法が載っていますが、その中でぼくが実践していること、していないことをまとめてみました。

以下は全部iPhoneの「設定」から各項目を選んで変更できることです。


1.Wi-Fiをオフにする

これは実践しています。
Wi-Fiがオンだと常に無線を探している状態なのでオフにすることで
けっこうバッテリーを節約できてると思います。
普段めったにWi-Fiを使うことがない人はオフにするのがお薦めです。


2. Bluetoothをオフにしておく

これも1のWi-Fiとほぼ同じ理由でオフにしています。


3. バックライトの明るさを調節する

これは実践していません。
明るさは真ん中のレベルで自動調節に設定していて、それでちょうどいい明るさです。
これ以上暗いとちょっと・・という感じなので節約のための明るさ調整はしていません。


4.位置情報サービスをオフにしておく

これは実践していません。
位置情報サービスは近くのお店を調べたり、Google mapなので結構使います。
なので、このサービスはオフにしていません。


5.プッシュ受信しない。

これは実践していないけど、しようかどうか迷ってます。
「設定」→「メール/連絡先/カレンダー」→「データの取得方法」で変更できます。
仕事中などで私用メールをすぐ見る必要がないときはプッシュ受信はオフでもいいかもしれません。


あとこれは効果あるのかどうかわかりませんが、
safariを毎回きちんと終了させています。

メモリが解放されるのでバッテリーの消費も少し抑えられる?

現在調査中です。ご存知の方がいれば教えてください。

posted by やす at 12:15| Comment(0) | iPhoneの悪い点 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。