2010年03月05日

やすのフリック練習法

1.フリック練習用無料アプリFlickers

ぼくがフリック練習用に使ってるiPhoneアプリはFlickersです。

flickers1.JPG

有料のもあるみたいですけど、無料アプリで十分かな?

暇な時間をみつけてはこれで遊んでいれば
フリックも早くなります。

レベルごとに10個出てくる単語をいかに早く打てるか
という普通のタイピングソフト(フリック練習ソフト)です。

flickers2.JPG

タイムと正確性で点数化されるので
自分の最高記録を日々少しずつ更新することで
上達度合いを知ることができます。

flickers3.JPG

たまに意味不明な単語が出てくるのがちょっと減点かな?
できれば実用性のある単語を練習したいところ。


2.テレビを見ながらフリックメモ

テレビを見てる時間って他にすることがないと
けっこうもったいないので、ぼくはこの時間を有効活用しようと
iPhone片手にテレビを見ながら、聞こえてきた言葉を適当にメモする
ようにしてます。

もちろんメモはフリック入力の練習が目的です。

できるだけ単語は実用性の高いものを選んでメモするように
してます。

だから言葉をつなげて意味をなさくても全然OK。

「あ、この言葉メールで使うかも?」

とか思ったらすぐにメモするという感じです。

これはすごく手軽にできるし、実戦力がつきそう。

フリックに手間取っていては、テレビの内容に全然ついていけないので
最初はけっこうキツイですが、上で紹介したFlickersである程度慣れてくるとこっちの方が「無意識に打つ」感覚が身につきそうです。
posted by やす at 00:26| Comment(0) | フリック入力 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。