2010年03月03日

使いこなせばカッコいい! iPhoneフリック入力とは?

iPhoneの操作はタッチパネルで行うので
文字入力も当然このタッチパネル上で入力します。

ぼくがiPhoneを買う前に気にしてたのは
このタッチパネルのレスポンス。

レスポンスが悪くて、文字入力に手間取ったりしないだろうか?


そんな心配は、実際にiPhoneを手にしたときにふき飛びました。

とにかくレスポンスに文句のつけようがないんです!

さらにしばらくしてiPhoneにはこのタッチパネル特有の
フリック入力という機能があり、文字入力のスピードが格段にアップすることがわかりました。


フリック入力とはタッチパネル上で指をスライドさせて
文字を入力するやり方
です。

いま「き」という文字を打ちたいとします。

iphoneフリック入力

まず画面の「か」を選択すると上のように「か」を中心に
上下左右4方向に「き」「く」「け」「こ」が現れてくるので
指をタッチパネルから離さずにそのまま「き」の方向にスライドさせればOK。

慣れてくれば、「か」を押すと同時に指を左にスライドさせ「き」という文字を素早く打つことができるようになります。

最初のうちは「き」が「か」に対してどの位置にあるか
頭の中で考えてから打つため、少し手間取りますが、
練習を積むと考えるより先に手が動くというレベルまで上達できます。


こんなこと書いてますが、ぼく自身フリック入力がうまいというレベルでは決してありません。

それでも以前使ってたケータイよりは格段に文字入力のスピードが上がりました。

ちなみに達人レベルになるとこんな感じで




めっちゃ はえぇぇ〜!!

もれなくカッコ良さもついてきます(笑)
ラベル:フリック iPhone
posted by やす at 18:50| Comment(0) | フリック入力 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。